辛い二日酔いを解決しよう

ドリンクバックを頑張りすぎて…

ガールズバーはお客さんとお酒を飲みながら楽しい時間を過ごすお仕事です。
お客さんだけではなく、働いている女の子も楽しい気持ちになるとついついお酒が進んでしまうものです。
そのときは良いものの、次の日二日酔いで困る…そんなケースも多いようですが、二日酔いの問題にはどのように対処すべきでしょうか?

空腹時のアルコールは酔いやすい

空腹感でのお酒は酔いやすいと覚えておきましょう

お酒の強さは人それぞれですが、お酒の強い女の子であっても空腹感がある中でのお酒は悪酔いの原因です。
空腹感があるときは消化が早いです。そのようなときにお酒を飲めば本来であれば吸収されない成分まで体が吸収しようとするので酔いやすいです。
ガールズバーのお仕事前に、軽く何か食べておくだけで違うので、「何も食べてなくおなかがすいてる」状態で仕事に入るのを控えましょう。

ソフトドリンクに変えてみる

最近ではガールズバーでもソフトドリンクOKの所もありますので、ソフトドリンクに切り替えてみるのも良いでしょう。
お酒の方が楽しい気持ちになるのはよく分かりますが飲み過ぎて二日酔いになってしまい、次の日の用事を消化できなくなってしまったら意味がありません。
ソフトドリンクでも楽しい時間を過ごすことはできるはずです。

自分の飲める量を把握しておく

自分の限界を知っておく

ガールズバーで働いてお酒をそれまで以上に飲むようになると、自分自身の限界も何となく見えてくるのではないでしょうか。
プライベートでは限界までお酒を飲むことはそうありませんが、ガールズバーではテンションや勢いでお酒を飲んでしまうこともあると思います。
楽しい雰囲気だからこそではあるものの、自分自身の限界を知っておくことも大切です。
「これ以上はヤバい」というラインを自分で知っておけば、限界を超えそうになればお酒を控えめにするなど対策が取れます。
特に次の日仕事や用事がある場合には限界を守り、お客さんにお酒を勧められても笑顔とトーク術でうまく切り返すなどして、お酒を控えるよう努めましょう。