優しすぎる店長には注意すべき

行き過ぎた優しさにはウラがある…!?

自分のことだけやたらと特別扱いされることや優しくしてくれる店長は、実は要注意です。
特別扱いされて悪い気はしないかもしれませんが、冷静に考えると恐ろしいことだと分かります。

裏の顔に注意

特別扱いには裏があると思って間違いありません

ガールズバーには多くの女の子が在籍していますが、その中で自分だけ優しくされたり融通を利かせて特別扱いをしてくれるような店長は、残念ながら警戒した方が良いでしょう。
平等に接してくれる店長こそ信頼できる店長で、一人だけ特別扱いするような店長は女の子に対して「店長と従業員」ではなく、それ以上の関係を求めるようになる可能性が高いです。
「店長」という権限を利用してあわよくばを狙っています。
また、特別扱いされれば他の女の子からはよく思われなくなりますので、人間関係にも悪影響を及ぼすことになります。

「今は自分」というだけです

特別扱いされていると「優しい店長だな」と思うかもしれません。
しかし、この事実はもっと客観的に考えるべきです。
現在の「優しくする対象」になっているだけで、仮に新人が来て優しくする対象が移ってしまった場合、それまで優しくしてくれていた店長から厳しい扱いを受けるようになる可能性もあります。
特定の女の子を特別扱いをするような店長は気まぐれなので、誰を特別扱いするかは気分次第です。
特別扱いされているうちは良いかもしれませんが、特別扱いされることがなくなれば特別扱いしている女の子の尻拭いをせざる終えません。

良い友好関係を維持するには

店長との相性は大切だからこそ

特別扱いを「ちょっとしたこと」と思うかもしれませんが、ガールズバーに限らずナイトワークは店長やオーナーとの相性がとても大切です。
信用できないなと思う店長の下では自分自身のモチベーションも高まることはありません。
嫌々お店で働くよりは、違うお店で平等な店長の下で働いた方がモチベーションは上がりますし、円滑な人間関係の環境でお仕事できます。