ガールズバーのバイトを辞めるには?

いつかは『卒業』するときがくる…

いろいろな気持ちがあるとはいえ、いずれはガールズバーを辞める日もやってくるものです。
その際、どのような形で辞めるのが良いのでしょうか?
辞めると言い出せずにずるずつ続けている女の子もいるようですが、ガールズバーの辞め方も知っておきましょう。

辞める理由を考える

自然な流れを希望するなら理由が大切

辞める際、あれこれ言われたくないと考えているのであれば辞める際の理由が大切です。
例えばダブルワーカーさんであれば、「転勤する」「配属が変わった」「急に副業禁止になった」であればお店側としても「それでも続けてくれ」とは言えないでしょう。
学生さんであれば「卒業する」「就職活動が忙しくなる」もお店側が「それなら仕方ない」と思ってくれる理由です。

ガールズバー専業の場合

ガールズバー専業で働いている女の子の場合、そのような「きっかけ」がなかなかありませんので辞めたいと思ってもうまく辞めると伝えられなかったり、
伝えたものの言いくるめられて結局続けてしまうケースも多々見られますが、辞めたいのであれば嘘でも良いので理由を見つけると良いでしょう。
特に効果的なのが「バレた」です。親でも彼氏でも友人でも良いでしょう。
バレたとなればお店側としても「まだまだ働いて」とは言えません。

余裕をもって辞める意思を伝えておく

前もって伝えておくことも

いきなり「今日で辞めたいんです」ではなく、前もって「〇〇日で辞めたい」と伝えるのはガールズバーだからというよりも、社会人としての常識です。
一人辞めるということは、お店側は一人補充しなければなりません。だからといって「新しい女の子が入るまで働いてくれ」に応じる必要はありません。
また、ガールズバー専業で週に5日から6日などみっちり入っている場合、「私が辞めたら回らなくなるんじゃないか」と思うかもしれませんが、辞めた後の環境作りはお店の仕事です。
新しい女の子の確保や新しいシフトの構築は辞める女の子のお仕事ではなくお店のお仕事なので、その点は気にする必要はありません。